ちっこいばんりさんのMT免許取得(・ω・)ノ”

身長145cmの万里が、MT免許取得に向けて頑張ります!たぶん。

【1段階】5時限目:カーブや曲がり角の通行 坂道の通行


(・∀・)どうもどうも おこんにちは。
万里でございます。バンですよー!!


すみません、コメントがMuragon以外からは出来なかったみたいで
その設定を調整することにさっぱり頭が追い付いてませんでした!
と言う事で、調整しましたのでMuragon外部からでもコメント頂けます(*´∀`*)


いっぱい冷やかして下さい(・∀・)(笑)


★・・・・・・★・・・・・・★


では5/9の5時限目に移りたいと思います。


⑤直進路やゆるいカーブに合わせた走行位置や進路がとれる。

⑥タイミングのよい発進と力強い加速ができる。

⑦予定した一に車を停止させることができる。


まず教習所に到着してからお昼(ΦωΦ)
この日は朝から雨ばっかりで 午後2時からの教習だったのです。
到着してすぐ配車手続きをしたのですが
指導員さんが選べて、女性が居たので笑顔が素敵な方にしました!

(*´∀`*)うふうふ 楽しみ。


で、時間前に椅子に座ってまだかなーまだかなーと待っていたら
チャキチャキのお姉さんが出てきました。我が強そうなカンジ(・∀・)かっけぇ
MTバリバリ運転出来ちゃうと思ったらメチャメチャかっこいいスね(・∀・)


指導員さん
「じゃあ やっていきましょうか。前回の教習はどうでしたか?」


ばんり
「車自体初めてだったので、

 緊張してガチガチで何もかもが上手く行かなかった気がします。
 ギアチェンジの位置関係も緊張し過ぎて上手くいきませんし…
 ハンドルもどれくらい回していいかもイマイチピンと来てません。
 ひどいもんです。


「あはは。じゃあまず2週くらいしてみますね。
 なんとなく思い出して下さい。」


「はいっ」


で、指導員さんの運転がめちゃめちゃソフト。
分かっていても「すげえ…」ってなってます(笑)
MT運転出来る人って天才かな・・・って言ったら笑われました。


「それと 坂道発進もあります。ちょっとやってみせますね。
 坂道で止まったら、一速。ハンドブレーキ引いて。
 クラッチ踏んだまま、アクセルを踏みます~ 繋がったところで

 クラッチを上げていきますー 進み始めたらゆっくりクラッチを離す―」


「おおおおおおお(簡単そうにやりよった!)」


「これ、やってもらいます(ニッコリ)」


「はい…(笑)」


ということで、平坦な場所に移動して 交代となります。
交代の際に椅子の調節が未だに良く分からんと話したら
「クッションとか持ってきて、背中に挟むだけでも随分違うんですけどね~」
と言われました。


「背が小さくて足が短いんで これは心配だったんですよね~」って言ったら
ちょっと硬直したあとに
「小柄でいらっしゃるからね!」って言い直してくれました(笑) 優しい世界(・∀・)


シートは今は上に上げられるそうなので
一番上に上げて一番前にしたらずいぶんいいカンジです(*´∀`*)
ちょっと左足が引っかかるけど 届かないより全然いい。


「そうしたら、ギアが苦手って言いましたっけ?」


「そうなんです。手でギアを変えるっていうのが なんだか未だにしっくりこなくて。
 分かってはいるんですけど力み過ぎちゃって…」


「じゃあ 今このまま一度練習してみましょうね。
 まずニュートラル。それから一速に入れて見ましょう
 はい、二速、三速。うんうん。」


「あれ、なんか…」


「やっぱりちょっと力が入ってるかな(*´∀`)
 ニュートラルから一速は、左に押しながら上に押し出すカンジ。
 二速は、左にテンション掛けながらそのまま下げる。
 三速が難しいよね。ちょっと一度軽くポンと上に上げるとニュートラルに戻るから
 そこから更にポンと上に押してあげるのが三速ね。
 
 二速に戻すときは、上から下にポンと軽く引っ張って
 左にテンションをかけて下げましょう。」


「こう…二速、三速・・・ ほうほう」


「二速、一速、二速、三速、二速、三速・・・うんうん いいですね。
 やっぱり慣れが一番強いから、あとは実践してみましょう。」


「が、頑張ります!!」


ということで ゆっくりギアチェンジの練習もさせて頂けました(*´∀`)
教習中の時間ってホントあっという間で短いので
本当ならもうミッチリ走らせたいでしょうに…。


「じゃあ 目の前の坂で坂道発進からいきましょうか。」


「( ゚Д゚)エッ もうですか?」


「もうです(ニッコリ)」


ォォゥ…と思いながらゆっくり移動。
指定されたポールの坂の途中で停止。


「はい、いきますよ。
 サイドブレーキ引いて…はい、サイドブレーキから手を離さない。
 今一速でOKですね、アクセル踏んでー もっともっともっともっと!
 今つながったのでクラッチ離してー もっともっともっと!!


うーん ヤなよかんw
もっともっと言われると焦っちゃうのですw
現状、手探りなんですよね。どこで繋がるのか模索してる途中っていうのもあるし
取り敢えずゆっくり離していくと思いっきり下がって
ビビってアクセル踏んじゃいました💦
ごめん この車いま「アオーン」とか言って吠えてた(笑)


「今の危なかったねー(・∀・)アクセル踏んじゃだめだよ」


「はい、すみません💦もう一度落ち着いてからやります。
 まずは、サイドブレーキはOK…」


声に出して確認しながらやっていきます。
ギギギとか音が鳴りながら思い切り上る事は出来たんですけど
下りの時もまだ半クラしてました💧
んでもって、ブレーキ踏んでガクガクして


「ああああごめんなさい 大変な事になってる」


「だだだだだいじょうぶです!」


って2人ガクガクしてましたw 未だにブレーキの感覚も
どれくらい踏み込むとスムーズに停止できるか分からないなー💦


この指導員のお姉さん、色々丁寧に教えてくださるので
個人的にはキライじゃないなぁ(*´∀`*)
その後は外周に移動。


「左合図・・・右からの車はこない…から 行っちゃいます!」


「行きましょう!進んだら速度を上げて、直線でサードに入れましょう」


「はいっ。クラッチ踏んで、サード・・・!」


「うんうん、いい感じですね。はいブレーキ踏んで下さいね~」


「減速~~」


「はい、じゃあ二速に変えますよ クラッチ踏んで、二速!」


「こうか!!」



ちょっと1日経って落ち着いたせいか、
上手にギアを変えられるようになってました(*´∀`*)
ヨカッタヨカッタ。
あとはギアチェンジの練習させて貰ったのは強かったかな!


しかし、その後大きめのクランクに入った時に
バイクと同じ感じでハンドルを回しっぱなしで通るもんだとばかり。


「ハンドル戻して~~!!」


「えっ?」


といいながら縁石に乗り上げました(笑)
でもその後あまり説明がなく、アレアレ?アレ??ってカンジ。


「ハンドル回し過ぎ!!」ってなって この辺りから結構また
ペースが崩れてたような気がします。
色んなところに突っ込みかけて ハンドル直してもらいましたw
一気に物を言われると、頭の中で整理できなくてダメっぽいですね。


ちょっぴりまたしょぼしょぼし始めて うまくいかないなー
不安だなぁ(´・ω・`)って思っていたらいいお時間に。


「坂道発進は結構出来てるから問題ないと思うんだけど
 速度の調節がねぇ…どうする?」


「どう?」


「もう一時間やりたければやろうか?」


やらせてください!!
 出来ない自覚があるので、出来ないまま進むのが怖いです。」


「(*´∀`*)そうかあ じゃあもう1時間やりましょうね。
 多分あと1時間乗れば問題無く出来るようになりますよ。」


「(;・∀・)・・・そうでしょうか…」


「うん、ホント慣れですからね。きっと大丈夫ですよ。
 次の時間も頑張って下さいね(*´∀`*)」


「はいっ 有難うございました!!」



というわけで、女性の指導員さんも体験してみました(*´∀`)
中々良かった♪♪
何が嬉しいって遅ればせながら ちゃんとギアチェンジして
運転することが出来たっていうのはとっても嬉しい事でした(*´∀`*)



お願いして復習させてもらう事にした教習原簿♪


次の教習は、予約を入れていないのでキャンセル待ちになります♪



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。