ちっこいばんりさんのMT免許取得(・ω・)ノ”

身長145cmの万里が、MT免許取得に向けて頑張ります!たぶん。

【2段階】11時間目:危険を予測した運転(シュミレーター)

(・∀・)どうもどうもー おこんにちはー
万里でございます。バンですよー(・∀・)


なかなか上手くブログの時間が取れなくて
溜まりに溜まっております。そろそろ考えないと(笑)


というわけでやっていきます!!


⑬-1 他の交通との関わりにおける危険を的確に予測し、危険を回避する運転行動を選べる。


13-1と13-2のセット教習です。
まー なかなかセット教習は予約がとれません!
でも時間はまだまだあるので 気軽にゆっくりいきます(*´∀`)


というわけで この日は男の子2名にわたしの3名での危険予測、回避についてのシュミレーターです。
わたしと男性1人がMT車なのですが、シュミレーターとこの後の13-2は
強制でAT車とのことですね。AT車ラクだよね(・∀・)べんり。


まず男性2人がシュミレーターで動かします。
というか速度おっそい!フラフラ安定しない!!
みんなビクビクしながら画面を見てましたが 指導員さんは
色々指示を出しながら「事故っても事故らなくても構いません」と。


ただ、見てるだけでも脳が浮かぶ感覚があってキツイ。
あんまりシュミレーターは体に合わないみたいです。
しかし、気持ち悪くなって顔色が変わるほどではありません。


しかし静かなのと 横の男性が妙に咳込むのが気になるw
風邪引いてないだろうなこんにゃろう(・∀・)


順番にやっていくのですが、皆さん無難にやっていきます
そしてわたしは目の前で眩暈がすごい(笑)
皆さんよくあんな風に上手に出来るもんだなと思いましたよ…。


指導員さんも「体調は大丈夫??」としっかり確認をマメにしてくれました。
ダメな方は本当にダメみたいで、この時間参加さえしていればいいとの事なのですが
出来ればいましか出来ない体験はしておきたいよね(・∀・)


というわけで自分も乗車します。
少し上の方でシュミレーターの機械の画像を載せてみましたが
いまは3面になってるみたいなので、見やすくてとてもいいです。
バイクのシュミレーターなんて見辛いし意味わからない操作が多いし
こうして全体的に見えるようになってくると有り難いですね。


しかし操作安定しねえwww
タイヤの摩擦とかそういう感じがハンドルに伝わってこないし
シュミレーターの感覚ってまだまだ追い付いてないなっていう気分です。
大体危ない所ってわかりますよね。
歩行者の皆さんはあえて危ないところを狙って飛び込んでくるので(笑)
あ、ここ危なそうだなと思ったら素直に減速しておくのが吉ですね(・∀・)
まぁ、轢き殺してもいいそうなんですけど…。


指導員
「はい、万里さん一つ上げるとしたら 危険に感じたのはなんですか?」


万里
「対向車線で停車している車の影から子供が飛び出してきたことですね。」


指導員
「では 再生してみましょう」


ということで 画像が再生されます。
女性の音声で「あなたはこの道路を通行しています」とか案内されるのが
なんかハイテクな感じですね。



実際わたしは普段バイクで走り回ってるワケですけど
子供って本当に周りが見えてないんですよね。視野が狭いというか。
右みて、左みて ダッシュ!!って感じで
目の前にもう自分がいるのに飛び込んでくる子供は何人かいました。
やはりヒヤっとするし勘弁してほしいんですが、
自分がある程度予想して構えていればとんでもないタイミングでもなければ
接触したりはしないだろうので、気を付けていればいいだけです。
結局のところ、経験値ってなにより代えがたいものかなと思います。


まー 飛び出してくる人は横断歩道じゃなくても
ダイブしてくる人もいますからね…自転車とかもさ…。
常に緊張感を持ちながら、猜疑心(言い過ぎ?)を持って運転に当たりたいと思います。



・・・(・ω・)・・・あのさ、思ったんですけど
ある程度免許取った後でも、一定期間したら教習所やらなにやらで
簡単な運転の確認(実車)があったらいいと思うのは自分だけなのでしょうか。
面倒だろうし、時間を取るのも大変なんですけど
あまりにもひどい運転をする人がいるもので、気になる事は多いです。


酷い運転をしてないよ!法に乗っ取って運転してますよ!
っていう再確認になるので 個人的にはイイとおもうんですけどねえ…(・∀・)?


では 次はセット教習なので実車になりますよー!!
AT乗るぜ!乗るぜえええええ!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。