ちっこいばんりさんのMT免許取得(・ω・)ノ”

身長145cmの万里が、MT免許取得に向けて頑張ります!たぶん。

【補修】5時限目:カーブや曲がり角の通行 坂道の通行


(・∀・)はいはい どうもどうも♪ おこんにちは♪
万里でございます。バンですよ~~🌟🌟


(・∀・)はしかの わくちっくんで ちょうネムーイです。
あ、眠いのはいつもでした(・∀・)テヘ



それではいつも通りサックリ進んでいきたいと思います!
5/9 2時間目!教習で言うと6時限目です!
キャンセル待ちしながら待ったんですが、1時間過ぎた時には
残念ながらいっぱいになっちゃったみたいでした。
2時間目のキャンセル待ちで乗れることになりました(*´∀`)


良かった♪ よかった♪


⑤直進路やゆるいカーブに合わせた走行位置や進路がとれる。

⑥タイミングのよい発進と力強い加速ができる。

⑦予定した一に車を停止させることができる。


不安なら復習出来るけど、もう一回やりますか?の言葉に
速攻飛びついたわたくしです(*´∀`*)


できるならちゃんと分かるまでやりたいのです!!
だって怖いじゃないですか!!
分からないまま進んで後で大問題になるのは分かってるのです。


というわけで。
おじさまの指導員さんでした(*´∀`*)なんだ なんか和む人だな
ほんわかしてます いいかんじ。


「(*´∀`*)よろしくお願いします。」


「はい、宜しくお願いしますね。前の時間はどうでしたか?」


「お恥ずかしい話、慌ててばっかりで感覚は掴めませんでした。
 大きなクランクも、どこでどれくらいハンドルを切ればいいのか分からなくて…」


「うんうん、じゃあ僕が少し回りますね。ゆっくり説明していきますから
 慌てずにいきましょうね。」


「お願いします!!」


というわけで、指導員さんの運転・・・なんですがこれがスゴイ!!
しかし皆さん何故か エンストしないようにを集中して教えてくれます。
いや エンストはしてないんですけどね(・∀・)


でもスッゴクわかりやすいの!大げさにやってくれるの!!


「発進するときですが、アクセルふみますね~~(ヴォオオオオン)
 はい クラッチ少しずつ繋ぎます~(ヒュゥゥゥゥン)
 はい、いま繋がり始めましたね~そのままクラッチ離しますよ~~」


(ああ、この先生大げさにやってくれてる、分かりやすいなぁ)


「で、19番の手前を左折するので、指示器を出します。
 この辺りからブレーキかけていいですよ。ゆっくり進みますね。
 いま10kmくらいで走っています。
 曲がり角の前輪が、縁石の先に来たら・・・惰力でそのまま曲がりますよ~
 ハンドルを全部切っていいですよ!


 そして惰力なので止まっちゃいそうになりますから
 クラッチを繋ぐ、進む・・・もう一度切る・・・
 停まりそうなのでもう一度繋ぐ…これ断続クラッチね。低速で進めますよ~」


「おおおおおおおおすごい!!!」


今までの乗り方と全然違う!!
今まではこんなカンジ?こんなカンジ?ってやってばっかりだったけど
ちゃんと流れが分かる!!こうやって曲がるのか!!


「では次、交差点を右に曲がるので右指示器。
 道路の真ん中に印があるので その近くを通過しますよ~
 先程の様に、ブレーキをかけて低速・・・断続クラッチで進みますよ~~
 はい、ここで右に回して移動したら、すぐ左折しますので指示器ね。


 この先が幅の大きめなクランクです。ゆっくりいくよ~


 まず、クランクに入る為に左折。先程と同じように低速で
 時々クラッチを繋いで曲がります~~
 その後 少しまっすぐに進まなきゃいけないからハンドルをちゃんと戻してね。
 少し進んだら・・・・次は左折なので、タイヤの前輪が曲がる所の縁石に延長まで来たら
 左にいっぱいハンドルを切る!!
 クラッチを繋いで~~離して~~繋いで~~離して~♪
 曲がったらまたハンドルをまっすぐに戻します~~
 次は右折なので、曲がる所の縁石まで前輪がきたら・・・

 右にハンドルを全部切る!!そしてクラッチを繋いでー離す~~・・・


 (*´∀`*)はい これでクランクは出来ますよ?どう?」


「すごくよくわかりました!!!
 こんな風に動かす発想がありませんでした…!すごい!!」


「じゃ、この勢いで坂道発進も行きますよ~~」


「お願いします!!」


というわけで、坂道発進にいく道中も凄く丁寧に
分かりやすく大げさに。説明も優しく教えてくださいます。


「では、坂道で止まったね。
 サイドブレーキを引いて、ローのまま アクセルいっぱい踏んで
 半クラッチなんだけど まだまだ開けるよ~
 で、この辺りでサイドブレーキを引いて 坂を上がると…」


「お、おお・・・?(あれ?これって…)」


「じゃあ この先で交代しましょうね(*´∀`*)」


「はいっ!!」


そして平地についてから交代です。
座席を一番上まで上げて、一番前まで進めてみたんですが…


「あれ?さっきより前に進まない…」


「え?他の車より前に進まないのかな…。でもこれがいっぱいみたいですね。
 本当はクッションとかあればいいんですが・・・」


「あの、鞄を背中の後ろにおいて見てもいいですか?」


「うん。ゴツゴツするかもしれませんが、かまいませんよ」


と、背中にカバンを置かせて頂いたら随分よくなりました!
というわけで やはり次回からはクッション持参のようです(笑)
どんなクッションを持って行こうかな…💦
(あんまりデカいの持って行くとマズいよな…(笑))


そして、しょっぱな坂道発進です!!
やっぱり目の前にあるから まず坂道発進なんですねw


1時間ぶりの運転。今だに運転できるのかなーって心配になってますが
何とか走りだせるので ホっとしてます。
そして坂の途中で止まる為にクラッチとブレーキ。停まれた停まれた。


「(・∀・)・・・・」


(あ、指示くれるワケではないんだなw)


「えっと、サイドブレーキを引いて、そのまま手を離さないで…
 ブレーキから足を離してアクセルを踏む…

 ゆっくりクラッチを離して、繋がり始めたからアクセルを少しまた踏んで
 サイドブレーキを・・・をををををを!!!さがるううううう」


そして下がっても別に微動だにしない指導員さん(笑)


「うん、なるほど(・∀・)ワカッタ」


「(・∀・)?」


「もっとクラッチを繋いじゃっていいですよ。
 そうするとね、車がちょっと動くから。
 あとサイドブレーキもうちょっと最後まで引いてね


「!!」


やっぱりそうなんだ!!っていうのがここでピーンときました!
これ、バイクの時もそうだったんです。
しっかり回転数を上げて、クラッチを離してたんですが
最初は上手くいかなかったんですが、しっかり回転数を無駄なくらいあげることで
バイクがズズズズって進むんですよね。


じゃあそれと同じ感じでやってみよー!ということで
しっかり回転数上げまくってからやってみると…


「(*´∀`*)うん 完璧」


「あああああすみませんぶれーきががががが」


「だだだだだいじょうぶ」


やはりブレーキはまだヘタクソな模様ですw



そしてどんどん道を進んでいくのですが、先程隣で乗っていたときのように
スピードを出すところは出す、今回の課題の所は超低速でやる!
と言う感じで わたしも大げさにやらせて頂いたんですが…


何がすごいって、急かさないんです。
だから自分のやりたいように確認しながらやらせてくれるんですね。


一番最初に「ハンドルをどこでどう回せばいいかわからない」とか
必要な聞き取りをしたうえで、指導員さんがちゃんと外周を回って
レクチャーするときに 必要な情報を与えてくれて
尚且つ考える時間もしっかりくれているお陰で やりたい動きが出来ました。


大きな道幅のクランクも 私と一緒になって
「惰力で進んで~~…縁石が前輪の延長線上に来たら~~~
 ハンドルを~~~~~切るっ…!!」
って言ってました(笑)


クランクですが、バイクのクランクってすごく狭くてですね。
ハンドルを切ったまま曲がるんですよ。
てっきりそうだと思ってたんで、車もそうなのかと思ったら
車は直線で少しまっすぐ進むスペースがあるんですね。
それを知らなかったので、初めて今回それに気づきました(笑)


前の指導員さんは「ハンドル戻して!」って言われたけど
「え、なんで?」ってなってましたからね…(笑)
曲がるんだから戻しちゃダメじゃない?って(笑)


でも、断続クラッチで上手に曲がれるようになったので
あとはホクホクしてました(*´∀`)
まだ初心者なんだもの 免許すらもってないんだもの。
ゆっくり走ってもいいのよね。


「ほら、速度落ちちゃう!!エンストするからちゃんとクラッチ繋げて!」って言われるとどうしても焦っちゃうんですが 断続クラッチでゆっくり進んでもいいんじゃないかと思った次第です。20kmでコーナー曲がるより、10kmのほうがよく道路もまだみれるし。
もうちょっと慣れてから頑張るから 速度落ちても落ち着いてほしい(・ω・)
というか速度が落ちてもエンストしない為に半クラがあるのでは。



この教習で今までMT車が怖くて怖くてたまらなかったのが
ようやくここにきて「楽しい」の芽が出てきました。


その後、普段車が駐車されているところまで移動してるときに
左から お外に行ってた教習車が戻ってきたのが見えました。


「外から帰ってきた教習車がいるから、先にいれてあげようね。」


「(*´∀`*)はい!」


「うん、リアル坂道発進だね!」




( ゚Д゚)





「(*´∀`*)ニッコリ」


「((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル」


後ろに車いる!?大丈夫ですかね!?ってビクビクしてましたが
「だーいじょうぶですよーふふふ」って言われてちょっと安心しました(笑)
残念ながらエンストしたり下がったりはしませんでした(笑)
無事に坂道発進出来ましたよ(・∀・)


そして駐車場所まで動かすことができました。良かったー!!
もうドキドキしましたよ!!



「うん。とてもよかったですよ。お疲れ様でした。」


「楽しかったデス!ありがとうございました!」


とまあ、この指導員さんに正直メロメロです。凄い人だなぁ!
あっという間に「コワイ」→「楽しい」にシフトした教習でした。
何があっても大きな声とか焦った声は聴かなかったなぁ。


機会があれば この方の教習 また受けたいなぁ(*´∀`*)
次は火曜日の予定です!がーんばーるぞー(・∀・)


次、バックだってよ(・∀・)?できんのか?





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。