ちっこいばんりさんのMT免許取得(・ω・)ノ”

身長145cmの万里が、MT免許取得に向けて頑張ります!たぶん。

【2段階】1時間目:路上教習に当たっての注意と路上運転前の準備&交通の流れに合わせた走行


どうもどうも!おこんにちは(*´∀`*)
万里でございます。バンですよー(・∀・)


最近はなかなか行くことが出来ずに6月は結構ゆったりとしてました。
今月からまたバリバリ行ってますよ!!
ということで、今回から1段階から2段階になります。


そして 初めての路上教習になります!!
張り切って参りましょう~~♪♪



①所内コースと実際の道路の違いを理解するとともに、路上運転をするにあたっての点検準備を確実に行う事が出来る。

②.交通の流れに機敏かつ安全に入ることができ、流れに合わせた速度を選び、適切な車間距離をとることができる。


というわけで。
朝9時の教習になります。
夏休み的な流れにはいってしまったのかもわかりませんが
最近の教習予約状況は以下となっております。



火曜水曜がまったく空いてない…


因みにこれ 次週まで続くのです。
ごくたまに1時間ごとくらいに張り付いてると予約出来たりします。
そしてこの日はなんとかしてねじ込みました。


朝一で教習所。8:30くらいから原簿を出してもらえそうだったので
出してから配車手続き。
指導員さんは・・・ふたりしかいない?
しかも片方は例の苦手な指導員さん(;'∀')💦
もうお1人は女性の指導員さんだったので
「女性指導員さんはなかなか指名できないし♪」と思って指名。
その後入金もしておこうと思って入金機にて入金・・・と アナウンスが。


「万里さま、万里さま。配車カウンターまでお越しください」


(・∀・)??


万里
「はい ばんりです。」


受付嬢
「すみません、指導員なんですが、〇〇が無理でして…
 普通車に乗れるのが2名しかいないんですが…」


万里
「(無理って言う意味が分からないけど なんかあるんだな。)
 まぁ 仕方ないですよね…」



というわけで 苦手な指導員さんになりましたヾ(゚∀゚)ノ気が重い!!


あ、そうそう。
そういえば忘れていましたが 仮免許も発行されていましたよ!

仮免許は原簿にホッチキス止めされていて
持ち出せないようになっているのですね。
まぁ、紛失しちゃったら大変だし…。


というわけで いざいつもの指導員さんとの闘い開始です。


万里
「よろしくお願いします~~」


指導員
「おっ 2段階ですね。今日から初公道!
 張り切っていきましょうか。」


(張り切っているのは指導員さんだけかな…)


万里
「はい、頑張ります。」



というわけで まずは点検が開始になりました。
そういえば 構造自体はマニュアル本にはあったけど
実際車の中を見るのは初めてです。


指導員
「これがエンジンです。この横にオイルを入れる口があります。
 それとエンジンオイルも機械が擦り合わせられるので
 定期的に交換しないと真っ黒なオイルになります。」


「はい。」


指導員
「オイルの量もちゃんと見る必要がありますが、
 この棒の先にオイルの量がみれる穴があります。二つあるのわかるかな?」


「はい。見えます~」


指導員
「オイルの上限と下限だね。この間にオイルの濡れがあればOKです。
 次は冷却水ね。これは横からどれくらいまで入ってるか見えるかな。」


「うんうん 見えます。」


指導員
「凍らない液体が入ってます。エンジンは凄く熱くなるのでこれで冷却しますが
 色んなところで冷却水は売ってますね。色がついてるから漏れたらすぐ分かるよ」


「(*´∀`*)はーい」


指導員
「あとは ウォッシャー液。」


「…ワイパーの所から出るやつですか?」


指導員
「そうそう。汚れが取れればいいから 水でもいいよ
 あとブレーキフルード。これがあるからちゃんとブレーキが利きます。
 これも上限下限があるから気を付けてね。」


「(U・ω・)(U-ω-)ゥンゥン」


指導員
「あとバッテリー。バッテリーって何入れればいいと思う?」


「(・ω・)??なんかバッテリー専用の液体を売ってた気もします。
 そんな高くなかったですよね?」


指導員
「そうそう。これね、電気が通うと酸に変化します。
 間違っても皮膚にはつけないでね。火傷しちゃうから。」


「(・ω・)ハイッ!」


指導員
「あとはタイヤだよね。
 タイヤは硬いから触っただけでは空気圧はわからないんだよね。
 ちゃんとした測る機械を使いましょう。
 あとはスリップサインって知ってる?」


「(・ω・)これ この山(指さし)」


指導員
「そうそう。そこまでタイヤがすり減ったらもう限界だよね。
 素直にタイヤを変えましょう。
 あとタイヤは側面が一番弱いから ヒビとかが入ってたら交換が近いかな。」


「(*´∀`*)ハイ」


指導員
「じゃ、とりあえず公道いきましょうか。
 すぐ交代するから 今日はマニュアル本いらないよ」


「(;・∀・)・・・ハイ・・・」



というわけで 初めて外へ。
本当にすぐ交代…。クッションを持って運転席へ。
仮免許発行されたけど だ、大丈夫かなー…と心配に。
だってこの辺り、沢山駐車車両があるんだもん💦


取り敢えず右合図を出してから確認やら何やらを済ませて発進!!
といっても 公道慣れはしてる方だと思うので…


万里
「ではいきまーす」


指導員
「はい、発進したらすぐセカンド。はいつぎサード。」


「アワワワワ(;'∀')💦」



矢次バンバン指示が出て頭が速攻でパンクwww
ちょっとまってーー!!ちょっとだけ自分のペースでお願いー!!


と言いたいけど言い出せず(*´∀`*)(笑)


何かあるごとに
「はい、すみません」
「はい、すみません💦」
「すみません💦」


思ったより普通に運転できてると思ったけど
すごいダメ出しされまくってる!!
テンパっちゃってるから全然ダメかもこれーー(´;ω;`)


教習が受かる、受からないはどうでもいいんです。
受からなくても全然かまわないのですが
「運転できてない」っていうのが いっちばんキツイ…Orz


で、戻ってきて大体の注意されたところをリストアップすると


「もっと左折するときに速度落としてくれ」
「左折の時にハンドルの送りが足りてなくて膨らむときがある」
「発進してすぐリズミカルにバンバンギアあげていきましょう」


ということでした。
いや もっとすごい怒られたんだけど纏めるとこんだけ・・・?
いや もっと怒られたんだけど。



 


でもよくわかんないけど合格頂きました(・∀・)
うーん…毎度のことながら、気が滅入るなぁ…


次はこのまま2時間目に突入しまするるるー(´艸`*)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。