ちっこいばんりさんのMT免許取得(・ω・)ノ”

身長145cmの万里が、MT免許取得に向けて頑張ります!たぶん。

【2段階】2時間目:適切な通行位置

(・∀・)どうもどうも!おこんにちは!!
本日も引き続き 教習の状況をお伝えしていきますよ!!


というわけで 2段階2時間目になります!


③道路の形状に合わせて適切な通行位置を選べる


・・・うん、まぁね。苦手な例の指導員さんにブチあたり
こてんぱん教習だったあと。
まぁそれはそれは落ち込んでいたのでした(笑)


で、その後すぐ次の時間に教習を入れておりまして
次の指導員さんは初めてのお兄さんでございます。

優しいといいなぁ…なんて思いながらドキドキ。
色々指導して頂けるのは凄く嬉しい事なんですが
わたしのような小心者は 指示を出されてしまうとパニックになってしまうので
落ち着いてやらせてもらえると助かるなぁと…。これ毎回言ってるね(・∀・)


というわけで、5分休憩したあと指導員さんに呼ばれて行きます。


万里
「こんにちは。よろしくお願いします(*´∀`*)」


指導員さん
「はい、宜しくお願いします。
 先程の時間が初めての路上だったんですね。どうでしたか?」


万里
「いっぱいご指導頂きました…(´;ω;`)全然ダメでした。」



交差点への侵入が早かったこと。
スムーズにギアを変えられなかったこと。
前の車との車間距離が近いこと…。


少し話した後に、指導員さんがニコニコしながら
「とりあえず、路上に出て交代しましょうか。
 その都度指示していきますね。」


との事なので 移動して運転席につきました。
はー…と息を吸って、座席やルームミラーを調節。
ドアミラーも調節して…。


万里
「はい、大丈夫です!」


「では、いつも通り発進準備に移りましょう!」


万里
「はいっ。クラッチ、ブレーキを踏んで…ローギア、右合図、サイドブレーキ降ろす。
 目視もしっかり確認…。おっと、車来てますね」


「はい、ではちょっと待ちましょう。…で、行きましょう!」


万里
「いきまーす!」


そーっと走り出してすぐ右折。
やっぱり沢山の駐車車両が…💦
ドアミラー確認、合図、目視でゆるやかに移動します。
急ハンドルが良くないので、出来る限りゆっくり。


「あれ?」


万里
「はははははい、なんでしょう!!」


「いや、なんか問題あるのかな…
 とりあえず、ここの先の交差点は右に出ますよー」


万里
「交差点を右、了解です!」



(*´∀`*)この指導員さん、いい場所で指示くれる…
声も聞き取りやすくていいなぁ…。


「はい、右折が終わったので 暫くまっすぐ進みます」


万里
「はいっ」


1時間目の指導員さんにさっさとギアあげる!と言われたので
ポン、ポンと いつもの自分のペースよりも早くしてみましたが…


「万里さん、そんなに急いであげなくてもよいですよ?」


万里
「えっ(。・ω・)いいんですか?」


「ええ。まだ公道出たばかりだし、焦ってあげてるように見えるんだけど…」


万里
「先程の教習で、こんな感じでって言われたのですが・・・」


「ナルホド。じゃあちょっと少しの間 自分のペースでやって見せて下さい」


万里
「はい。」


と、暫くの間 道順の指示だけで進んでみました。


「(・ω・)んー…」


万里
「Σ( ゚Д゚)は、ハイッ」


「何が問題なのかな?というか何を注意されたの?
 同乗してても安心して乗っていられるんだけど…」


万里
「(*´∀`*)でへ そうです?」


「うん。とりあえず気楽に行きましょうか。」


万里
「(*´∀`*)はいー」


「あ、ここちょっと傾斜のキツイ坂道なので、サイドブレーキ引きましょう」


万里
「((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル」



相変わらず坂道発進は苦手意識凄いです(笑)
でも一応大丈夫でした(・∀・)何とか登れた
というかそこまで酷い傾斜じゃなかったのでよかった!!


ちょっとした傾斜なら、凄い下がらずに発進出来る事が分かったので
ちょっぴり安心でございますね(*´∀`*)


「あ、そこに停車してる車がいるので、隣に避けましょうか。」


万里
「はい、移動しますー」


指示器を出して目視確認もして…。
アクセルを踏みながら車線変更よしっ


「あ、今の凄くいいですね!」


万里
「Σ(・ω・)どれですか!?」


「進路変更時に加速しながら行ける人少ないんですよ。
 みんな減速しがちなんです。」


万里
「(・ω・)ああ、いま後ろに車が居たので 減速したら危ないと思って。」


「あー いいですね、いいですねそれ!」



指導員さん テンションだだ上がり(笑)



「今も普段からバイク乗ってますよね?」


万里
「乗ってますー(*´∀`*)」


「やっぱり バイク乗ってるから運転が安定してるんですね。
 僕もバイク乗りますけど楽しいですよね。」


万里
「おっ 何に乗っていらっしゃるんですか?」


「オフロードバイクと、大型です。」


万里
「おおっ いいですね!私は足が足りないのでオフロードはちょっと…(笑)
 セローとか乗ってみたかったですけど…!!」


「セローね!あれもいいですよね!
 小型のオフロードもなかなかいいですよ!」


万里
「あー 一度でいいから乗ってみたいですー(*´∀`*)」



ぷすん


万里&指導員さん
「あっ」



ちょっと気を抜き過ぎて、アクセル踏むのが遅すぎてエンストw
これ2回やりましたw
調子乗ってクラッチ繋いじゃって アクセル遅すぎてだめでしたw
次から気を付けないと(笑)


遊びのところでクラッチ繋いだらそりゃだめだわ(・∀・)


ということで楽しく雑談もしつつ(笑)



「ほら、万里さん。もう教習所の前ですよ。
 あと帰るだけです。」


万里
「(*´∀`*)はー…何事もなくようございました…」


「エンスト!エンストしてた!」


万里
「あっ(´;ω;`)あっ(笑)」




ということで、その後ちょっと反省会(笑)


指導員さん
「うん、なにも問題な所はなかったかな~
 そうそう、進路変更時に加速しながら変更出来てたのが凄く良かったです。
 ああいう時は減速しちゃう人が殆どですから、経験値の差ですよね。


 あとは左折が少し大回りですかね。ハンドルをもう少し回していきましょう!
 安心して乗れましたよ。いい運転をしていますね。」


万里
「わー(´;ω;`)ありがとうございます!!」



(*´∀`*)褒めて貰った!嬉しい!!
と、ここで思い出したんですが、1時間目の指導員さんも一応褒めてくれてました。
(記録メモ残ってた…)


「進路変更が出来ない人もいるから、比べて上手に運転できてます。
 車の流れも分かっているし、確認も見る所がわかっています。
 ただ、もうちょっと緩やかに減速しましょうね」


との事だったんですが…
なんか褒められているような そうでないような(笑)
厳しく指導して頂いたので、あまり覚えてない(・∀・)


とりあえずこれで1日目は頑張りました!一応ハナマルー(*´∀`*)?💮


というわけで この日はお腹が空いたので
つめたいさっぱりおうどんが食べたくてまた丸亀に。
夏らしく かぼすのおうどん❤ かぼす美味しいよね!!


天ぷらはいつも通り。イカ天とかしわ天♪ おいしいよねー♪


という 公道デビュー1日目でしたっ!!



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。