ちっこいばんりさんのMT免許取得(・ω・)ノ”

身長145cmの万里が、MT免許取得に向けて頑張ります!たぶん。

【2段階】10時間目:急ブレーキ


どうもどうも!おこんにちはー!
万里でございます♪バンですよー!!


では引き続き、MT車免許取得日記を進めたいとおもいます。

そういえば混乱しがちですが、というか前回も混乱しておるのですが
前回は9時間目なのに項目が10。
今回は10時間目なのに項目が11なのは、二輪免許を持っているからです。
普通の免許を所持していない方に比べると 取得時間数が減るんです。


というわけで!やっていきたいとおもいまーす(・∀・)


⑪速い速度からの急ブレーキによる停止及び危険の回避ができるとともに、道路形状に合った速度を選べる。


相変わらずのT指導員です(*´∀`)
今回も会話メインになります(笑)


すみません、今は技術的に苦労してないので
そういう技術的な所が少なくなってくるんですよね。


T指導員
「はい、ではこれからまっすぐ進みます。
 このカーブはまっすぐ20キロ。
 そしてこちらのカーブは30キロ。
 で、この直線では思い切りスピードを出してもらいます。
 はい踏んで!といったらフルブレーキね。
 バイクならフロントブレーキをガーン!とかけて貰う感じです。」


万里
「((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル」


T指導員
「それと回避は僕が避けて!というまで避けちゃダメですよ」


万里
「は、はーい・・・あそこのカーブもきついから20キロって結構速いんですよねぇ」


T指導員
「そう、実は結構急なんだよねぇ。はいじゃあいいですよー」


万里
「いきまーす」


T指導員
「はい いいですよ その速度で曲がって…
 はい、ではここは30キロ・・・ ここでアクセル踏んだまま…ぐーっと加速してー…」


万里
「ドキドキ」


T指導員
「はい、踏んで!」


万里
「ふぉああああ!?」


衝撃すごっ( ゚Д゚)なにこれすごっ!!


万里
「急ブレーキってこんなカンジなんですね…!」


T指導員
「(*´∀`)うんうん はいじゃあ進みますよ。
 障害物はこのままこのまま・・・はい避けて!」


万里
「えいっ・・・これ急ハンドルでいいんですか?」


T指導員
「はいOK~~ うん いいんですよー


 コーナリングについては 最初の20キロは所内で何度もやっただろうし
 エンジンブレーキも効いてるので問題なかったとおもいますが
 アクセルを踏みながら行くと 途端に曲がり辛くなるんですよね。

 これはバイクも車も同じです。直進性が強くなるんですね。
 その状態の車を動かすのって大変なんですよね。
 多かれ少なかれ、コーナーの前では減速してあげないと危ないですよっていうことですね。


 自分の意思とは違ってスピードが出てしまうこともあるわけです。
 峠の下りですね。しっかりブレーキも効かせてあげないといけません。
 それにエンジンブレーキもしっかり使って上げないとブレーキが利かなくなったりします。

 といいつつも この車はディスクブレーキですし、放熱性がいいので
 滅多にそんな事にはならないと思うんですけど…。
 ただ、トラック、バスとかは別です。あれはドラムブレーキなんです。
 軽井沢で以前あったバスの事故なんていうのは典型的なやつですよね。
 トラックやバスにドラムブレーキが使われているのは制動力があるからだね」


万里
「あ、やっぱりドラムの方が効きやすいんですね。
 わたしの原付、前がディスクで後ろがドラムなんですけど
 ドラムの方が効きがいいなと感じたことがありました。」


T指導員
「そうそう、そういうことなんだよ。
 あとは急ブレーキですよね。もっと踏んでも良かったですよ(・∀・)」


ガ━━∑(´・ω・|||)━━ン 
えっ あんなに脳天ぶっ飛ぶような変な浮遊感を感じるくらいの
スゴイショックがきたのに もっとかけるの!?


万里
「も、もっと踏みこむべきでしたか!
 自分の中では結構勢いよく踏み込んだつもりだったんですが…!」


T指導員
「ウンウン。それに急ブレーキって絶対ダメって言われてるから
 急にやれって言われてもできないしね。
 毛穴ひらいちゃうくらいドカーンと踏むことがあったりもするんだけど・・・
 ちなみにABSはもっと思い切り踏まないと作動しないから。」


万里
「( ゚Д゚)!!ABSってロックしないようにするシステムでしたっけ?」


T指導員
「そうそう。それにABSって制動距離が短くなったりするものではないからね。
 それで最近の人はブレーキ踏んだけど間に合わなかったって言う人も多いんだけど
 簡単にABSって発動しないんですよ。
 それに最近の人たちは運転態度も良くないから ABSかけろっていっても
 ABSが発動するような状況じゃないんだよね。その乗車姿勢じゃ踏み込み甘いから。」


万里
「( ゚Д゚)ナルホドー…!
 でも出来ればそういうシステムに頼らない運転が出来たらいいですよね。」


T指導員
「そうそう。そういうことなんです。


 ・・・で 最後の回避なんですけど…」


万里
「ハイ・・・」


T指導員
「後方確認ってしました?」


万里
「Σ( ゚Д゚)えええええええ してないです!!」


T指導員
「してないですよねぇ…
そういうもんです(笑)」


びびびびびび びっくりしたwwww
笑ってんじゃないよwwwwびっくりしたよwww


T指導員
「まぁ出来ませんから、やっぱりちゃんと確認しつつ
 余裕をもって運転しましょうっていうことですね!」


万里
「はいっ 頑張ります(。・ω・)9」


というわけでこの後はもう一度縦列駐車と方向転換の仕上げをやったんですが
まー 出来る気がしないのw
目標物を見てここがこう来たら…っていうのが未だに覚えられない!
というわけでT指導員にそのことを言ったら
「見極めの時に落として貰ってね♪」って言われました(笑)


次は複数の教習ですね!
あと少しで折り返し地点です!ガンバリマース(*´∀`)ノ”



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。